passionsブログ~おにぎり日記  

                     

相模湾のカツオ

CIMG1353-1

昨日、大磯港の邦丸に乗り、コマセ船のミヨシでジギングし、カツオを狙ってきました。朝一番、鳥山に突っ込んで行く。カツオ用に作った「おにぎりジグプロト65g」をキャストして探る。すぐにフォールで喰ってきたが、すぐに外れる。水面まで青い影が追ってきた。正体はペンペンシイラであった。その後、ペンペンが入れ食い状態になる。しばらく、反応を探して走ってみるが、なかなか反応がないみたいだ。時々反応があるポイントで探るが、船中あたりがない。ときたまシイラが釣れるぐらいで、非常に渋い状況が続いた。やっとカツオの群れがまとまったみたいで、船団ができる。他のコマセ船でようやくカツオが一匹上がったのが見えた。その後はまったくカツオが上がらず、シイラが時々上がるぐらいであった。反応が40m前後にあるで、50mぐらい「おにぎりジグプロト65g」を沈めて斜め引きをしてみる。30m前後でヒット!グリグリ巻く、水面でシイラがバレる。次のジャークでもやはり中層でヒット!これもシイラであった。活性が落ちたシイラが一発で本気喰いしてきている。きっとこのジャークが合っているのだろう。次のジャークも「おにぎりジグプロト65g」キャストして50m前後沈めて、丁寧に斜め引きしてみる。またもや中層でヒット!マングローブスタジオ「ブルーアイアス633プロト」のパワーのおかげでグイグイ寄ってきた。カツオ特有の綺麗な紫色が見えた。激渋の中、最後の最後で釣れた価値ある一匹になった。結局、船中唯一のカツオになった。私にとって記憶に残る釣行がまたひとつ増えた。
DSC_1179

外房ヒラマサ② Congratulations!

CIMG1345-1

友人が最後の流しでヒット!強烈に引いている!きっと10kgオーバーだろう。ドラグを出されては、ロッドでリフト、そしてリールで巻き、必死に魚を寄せようとするが、なかなか浮かせられない。4~5回走られた後、またとんでもないスピードで走った。いったい、いつになったら弱るのだろうか。攻防が長くなれば、ラインの消耗、根擦れ、そして人間の体力が消耗する。はたしてキャッチできるだろうか。そろそろ友人の体力が限界に近づいている気がする。しかし気合いと根性を見せ、必死に魚を寄せようとする。ついに姿が見えた!その瞬間、30m前後走ってしまった。恐ろしいほどの粘り強い引きである。魚も必死に抵抗しているのだろう。それでも友人は、へばることなく魚を浮かせようと頑張る。そしてついに浮いてきた!とんでもないサイズのヒラマサである。二本の玉網を使い、船長が頭から入れ、私が尻尾から入れ、長かった攻防が終わった。歓喜の雄叫びが船上に響き渡り、友人とがっちり握手を交わした。友人の素晴らしいファイト、そして山正丸の山口船長のフォローがあったからこそ、33kgのヒラマサが穫れたのだろう。
CIMG1336-1

外房ヒラマサ①

CIMG1321-1

昨日、大原港の山正丸に行ってきました。早朝から激しく雨が降っていたが、出港すると雨が弱くなり、海も穏やかでした。開始して、すぐに「おにぎりジグプロト130gウメ」を底から5しゃくりすると、マングローブスタジオ「ブルーアイアス633プロト」のティップが入った。すかさず、大きくあわせを入れる。ロッドがきれいなカーブを描く、ティップを叩くように引いている。ヒラマサ?ドラグが出て行き、サイズが良さそう。だいぶ上まで浮いてきて、またドラグが出て行く。なかなか浮かせきれないが、丁寧にゆっくりあげてくると、やっと水面まで浮いてきた。良く引いた良型ワラサだった!
CIMG1305-1

今日は幸先がよいぞ!その後は同船者がイナダを上げた。「ウメ130gプロト」をジャカ巻きして止めると、ズドンときた!すかさずあわせる。「ブルーアイアス633プロト」のパワーのおかげでグイグイ浮いてきた。イナダ?水面にはきれいな黄色線がくっきり入ったヒラマサが浮いてきた!サイズは小さいが、うれしい一匹になった。
CIMG1327-1

鳥山があるポイントに移動し、キャスティングで狙ってみる。船中、良型ヒラマサが数匹上がった。友人がとんでもない大きさのヒラマサを釣り上げた。

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ