3日目は、諏訪之瀬島から口之島周りを攻めた。
OI000190

この日はカンパチが好調だった。まずは浅沼さんが11kgのカンパチをかっぱ巻き270gでキャッチ!カンパチに主導権を握らさない素晴らしいファイトで見事でした。
OI000121

OI000129

私ににも良さそうなカンパチがフォールでやっとヒットしたが、何もできず、根擦れでラインブレイクしてしまった。二日間カンパチのアタリが全くなかったので、弱気になってライトタックルに変えてしまった。通常タックルだったら、もしかしたら獲れたかもしれないと思い、かなり落ち込んだ。
OI000094

スペンサー52HにステラSW18000H、PE6号にフロロ30号にして、ジグをプロト420gにチェンジする。しばらくアタリがなく、心が折れそうになるが、なんとか頑張ってジャークする。水深120m前後、底から30mぐらいジャークしているとズッドンときた。初めは走らず、サイズがわからなかったが、すぐにドラグが鳴り、走り始めた。サイズが良さそうである。何度が魚の顔をこちらに向けようとするが、なかなか向けられず、底付近まで走られた。もうダメかと思ったが、止まってくれた。やっと浮かせることができ、根擦れは回避できたので一安心。あとはフックアウトしないように慎重にファイトする。上がってきたのは12.5kgのヒレナガカンパチだった。良く引き、なんとかギリギリ獲れた。やられた後の一匹だったので、格別にうれしかった。
OI000141


水深120mから40mジャークしてから、リズム良くジグを30m前後回収したところで、ズッドンと当った。すかさず合わせる。ずっしりとした重量感でゆっくり走っていく!何??全く止まる気配がなく、超大型魚?とにかく重く、ロッドに重量が乗っかり続けているので、辛すぎる。思わず大型のクロマグロとのファイトを思い出した。
OI000176

100mぐらいゆっくり走ってとまったので、カンパチではなさそうである。その後は引かず、ひたすら重いのをリフトさせてくる。上がってきたのはオナガザメだった。尾でジグを叩いたみたいで、尾にかかっていた。
OI000187