OI000544 (1)

山形県酒田港のさつき丸に行ってきました。前半は酒田沖、水深60mから70m前後のポイントからスタート。私には青物のアタリはなかったが、他船ではワラサ、サワラなどが釣れているのが見えた。早くジャークしようが遅くしようが、様々なジャークとジグも取っ替え引っ替えするが、まったく当らず。迷走状態で釣れる気一切せず。飛島沖で釣れている情報が入ったので、移動。
OI000575 (1)

水深は70から80m前後、移動して一流し目に同船者がヒラマサをキャッチ!次の流しで他の同船者が二人同時ヒット!ワラサをキャッチ!土井上さんにもヒット!波動スライド150gでヒラマサをキャッチ!
OI000542

わたしにはアタリがなく、焦り始める。底から5m以内で当たっているらしいので、丁寧にゆっくりジャークしてみる。底からジャークして3ジャーク目にジグが軽くなり、4ジャーク目も軽い、追っている?5ジャーク目に重くなったので、合わせるが、すっぽ抜けた。その後もジャークするが追ってこない。次に落としなおして、ジャークするが追てこない。今日は正直もう終わったなって思った。時合のタイミングを逃したのと、ジャークが間違っていたことがわかった。ドテラ流しの場合、ジグが船から離れていく時は良いが、逆側でジグが船下に入っる場合は、やりずらい。糸の角度がきつくなると、ジグをうまく泳がすことができないのと、反対側の人とおまつりするので、いったん水面まで巻き上げで、再び落とし直す必要がある。少しでも効率よくする方法は、ジグを重くして早く落としたり、遠くに投げたりして、ジャークターン数をできるだけ多くすると効率が少し良くなる。しかし、重すぎると食わせる泳ぎが演出できなかったり、疲れてしまい、しゃくりきれなくなる。使い手と道具のバランスが大事である。今回は、ジグをかっぱ巻き270gにして、ロッドを硬くして、ホーク52Hベイトモデル(プロト)、オシアジガー2000Hにしてみる。良い感じでジグを飛ばせ、なおかつきれいに泳いでいるのが分かる。効率、泳ぎ、もうこれしかないと思い、底から20Mジャークを繰り返す。すると10ジャーク以内にズッドンときた!すかさず合わせを入れ、フッキングが決まり、ドラグが出て行く。デカイ!ブリなら相当大きい。しばらく走られ、根擦れが心配だったが、根には行かなかったので、ほっとした。中層まで上げてきてもドラグが出て行くので、そこそこのヒラマサだなと思った。水面まで来たら、思っていた以上に大きく、9.5kgのヒラマサだった。やっと青物が釣れたので、ほっとして、やっと笑顔になれた。
OI000543 (1)

次はブリが釣れれば、言うことなしだが、そう甘くわない。少し状況が変わって、ホーク52HBのタックルではジグが抜けすぎるので、ホーク68M、ステラSW18000Hにシャープナー180gでジャークしてみる。よさげな感じだが、当たらず。船中誰もあたらず。最後に私にワラサが釣れて、終了となった。やはり底付近でフォール中にバイト、ラッキーでした。
OI000551

今日は渋い一日だったが、なんとか最後に合わせることができ、ヒラマサが釣れたので、うれしかった。ジギングはやっぱり難しい。難しいからこそ、釣れると喜びがより一層大きいものになる。日々新しい発見があるので楽しいし、毎回違う状況なので飽きることがない。
OI000586 (1)

ロッド ホーク52HBプロト、ホーク68M、ホーク64L、スペンサー58M
リール シマノ オシアジガー2000H、ステラSW18000H,20000P,8000H
ジグ  かっぱ巻き270g、波動スライド130g150g180g、おはぎ135g、シャープナー130g150g180g
ライン PE2.5、3号 リーダーフロロ12号